仕立て05

空間の仕立て 境界

谷川美音 漆作家

漆の表現に、軽やかな風を感じる作品。

窓ごしの景色は、外に広がる無限の世界を想像させる。

窓を開けると、風が流れて、風薫る。
内と外という概念が曖昧になり、新たな関係性がうまれる。
室内の明暗には、光と色といった表情が加わり、味わいが深まっている。

新たな場や関係性を生み出す作品に出会う。

2018年秋にLights Galleryにて展示を予定しています。
皆さま…是非にお出掛け下さい。

Archives
pagetop